ヤマハ IP電話会議システム PJP-50R(S)

ヤマハ IP電話会議システム PJP-50R

PJP-50R(S)は、「LANポート」「LINEポート」「AUDIO(IN/OUT)端子」を搭載しているので、回線に幅広く対応できます。


  • 多彩な接続端子で様々なシーンに対応
  • オーディオミキサーで各種回線のミックス通話が可能
  • IP接続ならではの臨場感溢れる会議
  • 最大8拠点まで接続可能
  • 快適な双方向会話
  • 部屋を選ばない適応型エコーキャンセラー
  • プロジェクタ横でもファンの音はノイズリダクションで除去
  • 多拠点接続用オーディオミキサー PJP-MC24との連携
  • IP-PBX/SIPサーバとの連携
  • 静かな部屋に最適なゾーンモード
  • ノイズのある環境に最適なスポットモード
  • 話者の方向を自動的に検知する追尾モード
  • 多人数の会議でも「聞きやすい」話者位置再生
  • 拠点音分離モード

特別価格はこちら


PJP-50R(S) 仕様詳細

PJP-50R(S) 総合

外部インタフェース Ethernet(10BASE-T/100BASE-TX)、アナログ電話モジュラーコネクタ、アナログオーディオ入出力各1系統(ステレオミニジャック)、ACアダプター接続用コネクタ ( DC-12V IN ) : 付属AC電源アダプター
設置姿勢 水平±5°
最大消費電力 8W
電波障害規格 VCCIクラスA
動作環境 動作温度:0~40℃
動作湿度:20~85%(結露しないこと)
寸法 283(W)×52(H)×298(D)mm
重量 1.4kg ( 電源アダプター含まず )
電源 AC100V 50/60Hz
付属品 ACアダプター、電源コード、LANケーブル(3m)、電話ケーブル、取扱説明書、保証書
その他 ロギング機能(SYSLOG)、ファームウェアリビジョンアップ(HTTP、TFTP)、設定 (Web、本体キー操作)

PJP-50R オーディオ

アレイマイク 16個、ゾーン収音機能、スポット収音機能、話者自動追尾機能
アレイスピーカ 4個、点音源制御、指向性制御、拡散モード(モノラル出力)拠点音分離モード、話者位置再生モード(最大定位数量:3地点)、 音量:85dB(0.5m)
周波数帯域 300~7,000Hz
信号処理 適応型エコーキャンセラー、ノイズリダクション、マイク/スピーカーアレイ制御

PJP-50R 通信

接続地点 メッシュ接続(最大4地点)
カスケード接続(最大8地点)
音声Codec
必要伝送帯域
G.711拡張独自方式(fs=16kHz)
2拠点間通話:上り下りそれぞれ160kbit/s
3拠点間通話:上り下りそれぞれ320kbit/s
4拠点間通話:上り下りそれぞれ480kbit/s
G.711(μ-law/A-law)
2拠点間通話:上り下りそれぞれ90kbit/s
3拠点間通話:上り下りそれぞれ180kbit/s
4拠点間通話:上り下りそれぞれ270kbit/s
G.726
2拠点間通話:上り下りそれぞれ60kbit/s
3拠点間通話:上り下りそれぞれ120kbit/s
4拠点間通話:上り下りそれぞれ180kbit/s
G.729a
2拠点間通話:上り下りそれぞれ24kbit/s
3拠点間通話:上り下りそれぞれ48kbit/s
4拠点間通話:上り下りそれぞれ72kbit/s
その他の機能 DHCP、SIP準拠、内蔵時計、SNTPサーバによる時刻同期

前のページに戻る このページのトップへ

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にお電話ください!お見積り、ご相談は通話無料0120-98-7751

メールの方はこちら