介護施設スマホ連携で業務が変わる
スマートフォン連携とは

ハンディナース スマホとは

スマートフォンをハンディーナースとして活用することで、施設のナースコール・ビジネスフォン・管理端末PCのシームレスな連携が可能となります。

スマートフォン連携で出来る事

居室からの呼出しに応対

居室からの呼び出しに応対

居室の呼び出しボタンを押すとスマートフォンを呼びます。スマートフォンには部屋ナンバー、浴室、トイレなどが表示され、呼出し場所を特定できます。また居室との音声による通話も通話用の装置を付けることで可能です。

スタッフ間の内線通話

スタッフ間の内線通話

スタッフステーションのナースコール親機や電話機、巡回中の別のスタッフのスマートフォンと内線で相互に呼び出し通話することが可能です。

施設外への外線通話

施設外への外線通話

スマートフォンからの外線でも施設の電話番号で発着信をすることが可能です。また内線通話・着信転送は施設の通話環境を利用して発信するので、通信料も削減できます。

介護記録の管理

介護記録の管理※1

スマートフォンと管理システムを連携することでスマートフォンで介護履歴の確認や介護実施記録の入力などが可能となります。

発着信イメージ

発着信イメージ図

スムーズな介護を実現

内外線でスムーズなスタッフ間の連携

内外線でスムーズなスタッフ間の連携

巡回中のスマートフォンで居室のナースコールの呼出し応対からナースステーションの多機能電話、他の巡回中のスタッフのスマートフォンを内線で呼び出すことが可能となりスタッフ間の連携が取りやすくなります。

データー管理で介護品質の向上が実現

データー管理で介護品質の向上が実現

スマホひとつで介護記録のリアルタイム入力が可能。申し送り漏れや、作業の漏れを防止。データーとして残るうえにリアルタイムでデータの共有ができるので履歴の管理がスムーズに介護業務の品質向上につながります。

連携システム構成図

連携システム構成図

 

お問合せ
  • ※1こちらの機能は他社連携となります。

TOP