社会福祉法人 樹の里 様 | 特別養護老人ホーム 樹の里

導入事例

●社会福祉法人 樹の里 様 | 特別養護老人ホーム 樹の里
  2004年4月開設

社会福祉法人 樹の里は、特別養護老人ホーム、グループホーム、
ショートステイ、デイサービス、サービス付き高齢者向け住宅、
子育て応援広場を運営しています。


■施設概要:特別養護老人ホーム
■住  所:愛知県瀬戸市紺屋田町93番106
 https://kinosato-seto-com.secure-web.jp/

1. 樹の里の概要・特色
入居者様の尊厳を尊重し、全室個室の認知症高齢者を重視した施設で、
住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らせるようお手伝いさせていただいています。
企業主導型保育施設やノーリフティングケアといった、
働くスタッフの安心・安全のための取り組みも行っています。
また、保育施設を併設し、幼稚園も隣接しているため、
ご利用者様と小さなお子様との交流も多く大変喜ばれています。

2. 導入の経緯
ナースコールの老朽化が第1の検討要因です。
様々な提案を頂く中で、どの提案も現状のシステムより向上するものではありましたが、
唯一眠りスキャンが連動しないという点が課題でした。
私共の希望としては、
「PHSが防水、インカムが使える、ナースコール・離床センサー・眠りスキャンの連動」
という3点でした。

名電通のナースエコールであれば眠りスキャンの連動も可能とご紹介頂いたのがきっかけでした。

3. 導入のポイント
インカムと眠りスキャンの連動です。
電話機の多機能さで言えばもっとほかの提案もありましたが、コスト面だけでなく、
何よりも眠りスキャンの連動は1社しかなかったので決め手となった大きなポイントです。

4. 得られた効果
業務効率の大幅な向上です。特に眠りスキャンの連動がとても大きいです。
今までは専用のPCやiPadの画面上での確認が必要でその場まで確認に
行く必要がありましたが、手元のPHSで確認出来るようになり、
対応までのスピードがとても早くなりました。
それに起床検知や離床検知とPHSに細かな表示までされるのでとても助かっています。
工事中の作業も、安全に配慮しながらも丁寧で迅速なものであり、
予定していた工期よりも早く終えて頂き満足しております。
システム切替も支障なくスムーズに進んだため、入居者様に不便を与えることもありませんでした。

【誠実、努力、感謝】
私たちは、地域社会・地域福祉の充実を使命として、極めて公益性・公共性を重んじた事業の運営をしています。
地域住民の皆様と協力して、福祉サービスを必要とする方が自立した日常生活を営み、
社会・経済・文化・その他の活動に参加できる機会が持てるよう、地域福祉の推進に努めております。
ご利用者様一人ひとりにとって、安全かつ安心できる最適な福祉サービスを思いやりを込めて
提供したいと取り組んでいます。
関本施設長様